お知らせ・スタッフブログ

入居者をコロナから守りたい想いとご家族に会わせてあげられない悔しさ

  • 2021/02/25

老人ホームではコロナウイルス予防対策として面会を禁止や制限しているところが多い為、入居者様やご家族様は心細く、不安な日々を過ごされています。
高齢者や持病のある方は重症化リスクが高いということもあり、感染予防のため仕方ないとわかってはいても、ご家族に会えないと不安になります。
施設内でのイベントも感染予防のため中止しているところが多く、入居者様は楽しみが減り、さらにはご家族にも会えなく、さみしい思いをされていると思います。

そんな中、やっと2021年2月19日から愛知県、岐阜県、三重県でも医療従事者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの先行接種が始まりました。
愛知県では3月中旬以降、ほかの指定医療機関でも優先接種が始まり、4月以降は65歳以上の高齢者にも実施する予定とのことです。

しかしコロナ以前のようにご家族様と自由に外出、面会ができる状態になるのはまだ月日がかかりそうです…
このような状況下の中、感染予防対策をしながら、何とか入居者様とご家族様に交流を図ってもらえる手段はないか、各施設模索をしています。

今回は介護付き有料老人ホームグラード浄心とサービス付き高齢者向け住宅ゴールドエイジ春日井の対応をご紹介します。

医療法人士正会が運営する介護付き有料老人ホームグラード浄心ではイタリアに住まわれている娘様と入居者様のオンライン面会を実施しました。現在は週1回程度の頻度で実施しているそうで、写真を撮らせていただいたときは新聞記者さんの取材がもあり、少し緊張した様子だったそうです。

 

サービス付き高齢者向け住宅ゴールドエイジ春日井ではガラス越しによる面会を実施しています。接触をしない状態での面会とはなっていますが、一組15分までであれば、風除室と廊下でインターホンを通じて会話ができます。前の方の面会が終わるまでは駐車場にてお待ちいただくことで、ご家族様同士の感染予防対策もしています。

直接会うことはできなくても、テレビ電話やガラス越しでお互い顔を見ながら話すと少し安心できますね。家族に会えず、気分が落ち込んでいた入居者様も、笑顔が増え、次の面会が楽しみになり、意欲が出てきたという話もあります。

厚生労働省は、入居者の認知症予防などの目的で面会制限を緩和する方針を示しましたが、判断は施設任せ…

外出・面会禁止とてしまうと、ご家族や入居者様は不安が大きくなり、意欲低下や認知症の程度が進んでしまうこともあります。
ガラス越しやリモート面会では顔が見られて安心したという声と共に、直接触れ合うことはできず、ぬくもりを感じられないという声もあります。
しかし、まったく面会制限をせず、ご家族様との交流を最優先するとコロナ感染リスクが上がり、老人ホームでは集団感染を起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。

家族との交流と入居者様をコロナから守る感染予防対策のバランスが難しいです…
各施設、感染予防を徹底しながらも少しでもご家族様と入居者様が交流を図れるよう様々な形で対応しています。

以前のように地域の方との交流、季節に合わせたイベントを日々楽しみ、ご家族と自由に外出・面会ができる日々が早く戻ってきてほしいですね。
早く新型コロナウイルスが終息しますように。

ケアパークは中立な立場で様々な施設を無料紹介します。

相談料0円、見学同行0円、紹介料0円

<電話受付>9:00~17:00(平日)同行・面談は土日、時間外も対応可

0120-622-422