お知らせ・スタッフブログ

訪問入浴サービスの内容について

  • 2019/03/27

 


看護師や介護に特化したスタッフにより、身体の不自由な方の入浴をサポートしてくれる訪問入浴サービス。介護が必要な方にとって、専門的なスタッフによる訪問入浴のサポートは、家族の負担を減らすことはもちろん、介護を受ける方の安全性も保障されているため、利用されている世帯が増えています。
ここでは、訪問入浴サービスの特徴やメリット、費用など、知っておきたい情報をわかりやすくまとめてご紹介します。

訪問入浴サービスを受けるための条件について

意外に知られていないことが多いのですが、訪問入浴のサービスを受けるためには、いくつかの条件をクリアしていることが必須となっています。
介護が必要な方の主治医に入浴の許可を得てから、次の条件が当てはまっているかどうかの確認をしておきましょう。
①1~5までの要介護認定を受けている人
②ドクターによって入浴の許可がされている人
要介護の1~2の方は、自宅に浴室がないといった環境の場合、介護予防訪問入浴介護というサービスを受けることができます。
①と②の条件を満たしていて、担当のケアマネージャーによって相談をし、その後にケアのプランを作成してもらうと、訪問入浴サービスの契約が完了となります。

訪問入浴サービスがおすすめの人

家族によって介護を受ける人が入浴のサポートを受けると、知識やノウハウに長けていないデメリットがあり、思わぬ事故につながってしまうこともあります。
介護のプロによってサポートを受けられる訪問入浴サービスは、介護を受ける方の入浴のサポートをはじめ、看護師やスタッフによって、入浴前とあとの身体の健康状態を確認することができるメリットが魅力です。
ここでは、訪問入浴サービスがおすすめできるタイプの人のチェックポイントを確認してみましょう。
*身体のコンディションが揺らぎやすく、看護師やスタッフのサポートにて安心・安全に入浴したい
*寝たきりの状態が続き、自力や家族でのサポートによる入浴が難しい
*自宅の浴槽が狭いため、家族のサポートだけでは入浴が難しい・不安である

訪問入浴サービスの目的

毎日の入浴は、身体のコンディションに異常がない人でも、自身が感じている以上にエネルギーを使い、負担がかかることも多くなっています。
特に入浴におけるサポートに慣れていない家族が介助をしてしまうと、滑りやすい浴室では転倒やつまづきなどのトラブルが起きてしまうこともあり、介護を受ける本人と、まわりのご家族にも負担がかかります。
訪問入浴サービスは、毎日のライフスタイルを安心・安全に、生活に負担なく穏やかな気持ちで過ごすために、理に適ったサービス内容として知られています。

訪問入浴サービスの費用は洗浄の範囲や介護度によって変わる

訪問入浴サービスの利用を検討している本人、ご家族がもっとも気になるのは、やはりサービスの費用なのではないでしょうか?
訪問入浴サービスにかかるコストは、要介護・介護予防訪問入浴介護である要支援にて金額に差が出ることがあるため、ここではおおよその目安をしっかりと把握しながら、納得できるサービスを受けるための参考に役立ててみましょう。

介護度 洗浄の範囲 訪問入浴サービス1回当たりの費用目安
1~5の要介護 全身浴
部分浴
ふき取り洗浄のみ
約1250円
約800~900円
約800円
要支援1・2 全身浴
部分浴
ふき取り洗浄のみ
約890円
約500円
約500円

訪問入浴サービス・費用についての注意点

介護保険1割負担の場合の自己負担額となり、所得によっては2~3割程度の負担が上乗せされる場合もあり、お住いの地域によって変動することがあります。
また、訪問するスタッフに看護師がいない場合は減額、地域加算・介護職員の処遇改善加算といった、各種の加算がある事業者の場合は、増額になります。

訪問入浴サービスの流れ・内容

訪問入浴サービスを利用すると、入浴の当日は看護師1名と、介護スタッフの2名で訪問入浴専用の浴槽をのせた訪問入浴者が自宅に到着します。
介護を受ける方がスムーズに入浴できるよう、ご家族のみなさんはバスタオルや替えの下着など、必要なアイテムをあらかじめ準備しておくようにしましょう。
ここで、訪問入浴サービスの流れ・具体的な内容をお伝えしていきます。

1、身体の健康チェック 利用者の血圧や脈拍、体温などに異常がないか看護師による簡単なチェック
2、脱衣と入浴の準備 利用者の健康状態に問題がなければ介護スタッフが脱衣と入浴のためのお湯を張る準備を行う
3、入浴開始 浴槽に移動し、利用者の希望に沿いながらスタッフ3名で全身浴または部分浴、清拭などを行う
4、入浴の仕上げ 入浴の仕上げに、上がり湯(シャワーでお湯をかける)を行う
5、浴槽からの移動 浴槽から着替えを行うベッドへ移動
6、着替えと健康チェック 介護スタッフが着衣のサポートをし、看護師による入浴後の体調・県子y状態に異常がないかのチェック
7、片付け後終了 看護師による健康チェックを行っている間に、訪問入浴で利用した浴槽などのアイテムを片付け終了

訪問入浴サービスで安心の毎日を

訪問入浴サービスにて使用される浴槽は、一般的な種類よりも浅くできているため、寝たままの状態でもお風呂に入ることができ、安全性が高いことでも安心のサービスです。
ご自宅の浴槽をリフォームするよりも、比較的安いコストで清潔な身体に仕上げることができるため、これからはさらにニーズが高まっていくサービスとなっています。

ケアパークは中立な立場で様々な施設を無料紹介します。

相談料0円、見学同行0円、紹介料0円

<電話受付>9:00~17:00(平日)同行・面談は土日、時間外も対応可

0120-622-422