お知らせ・スタッフブログ

介護保険外サービスの利用料や注意点

  • 2019/03/27

介護保険外サービスとは、「介護保険」で受けられるサービスではなく、介護保険を使わずに受けるサービスのことです。介護保険を使えばヘルパーが訪問して、利用者の世話やその人の部屋の掃除などをしますが、他の家族の食事や部屋の掃除をすることはできません。

しかし「介護保険外サービス」であれば、他の家族の食事を作ることも、他の部屋の掃除をすることもできます。このようにとても便利なサービスではありますが、介護保険外サービスを受けるときには注意点もありますのでご紹介します。

介護保険外サービスは「一部または全額自己負担」になる

これは当たり前と言ったら当たり前なのですが、「介護保険」が適用されないサービスになりますので、利用料金は「一部または全額自己負担」になります。つまり、全ての人が簡単に利用できるサービスではないということを頭の隅に入れておく必要があります。そして介護保険外サービスの利用料金に納得をしなければ、サービスを受けることはできません。自分がどのくらいの料金を支払うのかを明確にして、把握してからサービスを受けるのが基本です。

介護保険外サービスの利用料金が「適切」なのか分かりにくい

介護保険外サービスを利用するときに、できれば「安くて質の良いサービス」を受けたいと思うでしょう。ただ、介護保険外サービスの料金形態というのは、絶対的に「〇〇円」と決まっているわけではありません。例えば、家族の食事を作るとしても2人分なのか、3人分なのか、人数によって食材の量や時間も異なります。そうなると、増えれば増えるだけ料金が増えていきます。

また、介護保険外サービスというのは取り組み自体がまだまだ進行中の部分が多く、料金が適切なのかを判断するのが素人では難しいという注意点があります。ですから、自分が納得できる料金形態を提示している事業所を探すのが1つのポイントとなります。

介護保険サービスで受けている「自立支援」を妨げることもある

介護保険でサービスを受けている人というのは、自立した生活を送れるようにサポートをしてもらっています。しかし、そこに「介護保険外サービス」を取り入れることで、自立支援の邪魔をしてしまう可能性もあるのです。自分でできることがあるのに、そこに必要以上のサービスを提供すると、自分でできることがなくなってしまう可能性があります。ただ、ケアマネージャーなどに相談をして介護保険外サービスの利用を考えることができるので、自立支援の邪魔をしないように適切なサービスを受けられるように計画を立てましょう。

事業所から不要なサービスを提供され高額支払いの可能性

万が一という事を考えてお話をさせていただきます。介護保険外サービスの説明を受けた人が「認知症」だった場合、全てを自分で判断することはとても難しいです。そのまま事業所の説明に納得をしてしまうと、不要なサービスを提供されてしまい、高額な支払いを求められる可能性もあります。こういったことを避けるためには、必ず家族に同伴をしてもらうなどして、理解と納得ができる人と一緒に判断をしましょう。

介護保険外サービスは発展途上中で今後に期待できる

介護サービスを利用するときには、様々なことに注意をしなければなりません。それは、介護保険外サービスがまだ発展途上中のサービスだからです。現在の介護業界では、介護福祉士が不足しており、大きな問題となっています。なぜ不足しているのかというと、そこには「処遇」の問題があるからです。賃金が安いから介護福祉士が不足しているという現実があります。

しかし、介護保険外サービスの提供が増えていけば、介護福祉士の収入アップにもつながっていきます。そして介護を受ける人やその家族にとっても、心身ともに負担を軽減するサービスを受けられるので、どちらにとっても良い状況が生まれます。そんな介護保険外サービスの地盤がしっかりと整うかどうかは、国の動きにかかっています。

情報をしっかり集めて適切に介護保険外サービスを利用

介護保険サービスは、介護保険サービスだけでは対応ができない所まで、しっかりとサポートしていく目的があります。これから先、たくさんの需要が出てくるサービスです。ただ、介護保険サービスを利用するのであれば、しっかり情報を集めて、ケアマネージャーなどに相談をして適切なサービスを受けられるように考えましょう。

ケアパークは中立な立場で様々な施設を無料紹介します。

相談料0円、見学同行0円、紹介料0円

<電話受付>9:00~17:00(平日)同行・面談は土日、時間外も対応可

0120-622-422