お知らせ・スタッフブログ

名古屋での老人ホームを選ぶコツ

  • 2019/04/25

名古屋での老後の生活を考える際に、老人ホームに入る事を検討する方もたくさんいます。快適で安心して暮らすことができる老人ホームを見つける事ができるように、料金や設備の比較をしながら、決めていく事は大事なポイントです。

老人ホームの情報を集める際に、インターネットを活用する事で、様々な老人ホームの情報を効率よく集めていく事ができます。このサイトでは、名古屋の老人ホームも取り扱っている情報サイトの特徴をわかりやすく紹介して、比較をスムーズに進められるようにサポートします。

老後の安心を考えると、料金や設備だけでなくスタッフの対応が丁寧なことなども、安心して過ごせる環境を見つける事は重要な課題となります。
トラブルを防ぐためにも、評判が良い老人ホームの情報を集められるように、老人ホーム選びに役立つ情報が満載の当サイトをお役立てください。

タイミングが重要

ちょうど夫婦部屋の空きが出る、名古屋においても高齢者の住まいとなる老人ホームが運営されていますが、じっくり比較・検討もいいのですが、人気がある施設ならば、タイミングが重要です。

名古屋にも、住宅型有料老人ホームが民間企業にて運営されています。要介護者・要支援者のみならず、介護認定なしの高齢者向けの住まいは、食事や清掃の生活援助や緊急時の対応が受けられ、排泄や入浴などの介護が必要な場合には、外部サービスを受けることができます。

ということは、健全者、自立している高齢者にこそ向いていることが伺えます。常時スタッフが籍をおいて見守ってくれるので、一人暮らしよりも安心です。高齢の親をもつ子供からすれば、介護付よりも自由な環境で快適に暮らして欲しいでしょうし、しかも介護サービスが要らないのであれば、費用も割安です。
本人も、元気だから大丈夫だと思っていても、転倒による骨折や寒暖差による脳梗塞など、何が起こっても見守ってくれるスタッフがいる施設を利用すべきでしょう。

実際に施設を見学する

名古屋にも老人ホームが展開しており、日曜日でもデイサービスを実施している施設を選ぶことも可能です。
いつもと変わらないスタッフと一緒に生活できる態勢が整っている、そのためには施設の見学や宿泊体験を通じて、強みをチェックしてみましょう。

例えば、某老人ホームで長年経験を積んだ運営者による施設ならば、不安や心配も、安心や信頼に変えることができます。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅を探すならば、立地もポイントになるでしょうが、それだけではなく、衣食住の観点から栄養士が在籍することで、ホーム内で食事が準備されます。
たかが食事ですが、高齢者にとっては重要となるポイントです。高齢になると歯の噛み合わせ、咀嚼に難が生じ、食事量も減少、消化機能も低下しがちで、低栄養状態になる懸念が問題視されています。認知機能の低下、免疫力の低下など、あらゆる疾患のリスクが上がることも指摘されています。

ですから、入居者の栄養状態を管理し、適した食事提供をしてくれる施設探しが必要です。

迷ったら仮申し込みを

老人ホームに入居すれば、自由に出歩けない、買い物もできなくて窮屈だと思われがちです。
名古屋にある老人ホームでは、外出を自由にできる施設もあれば、職員やヘルパーが付き添ってくれる介助サービスも活用できます。
施設によっては、自由に外出しにくい入居者のために、移動スーパーや移動図書、美容室から美容師などが訪問してくれる、こうしたサービスを打ち出していることもあります。
お弁当を持って遠足したり、外出できるイベントもあったり、運動会を開催する施設などもあり、見学時には各老人ホームの特色もチェックしてみましょう。
老人ホームの数だけ、サービスも千差万別です。気に入った施設や部屋があれば、キャンセルも可能ですから、仮申込されることをおすすめします。特に好立地にある施設は、すぐに部屋が埋まりがちです。

ケアパークは中立な立場で様々な施設を無料紹介します。

相談料0円、見学同行0円、紹介料0円

<電話受付>9:00~17:00(平日)同行・面談は土日、時間外も対応可

0120-622-422