お知らせ・スタッフブログ

老人ホームの献立について

  • 2019/04/25

社会全体の高齢化が進むにつれて、老人ホームに入居を考える方が増えています。
また、介護する側の家族も高齢化することにより、高齢者が高齢者を介護するという状態に陥り、食事の用意など日々の生活に影響が出てくることがあります。
核家族化がすすんでいる昨今、独居による生活に限界を感じて入居するという方法を選択する場合もあるかもしれません。
そこで重要視されるものの1つとして食事があげられでしょう。老人ホームの献立はどういったものになっているのかを紹介いたします。

老人ホームの献立について

老人ホームでの生活は今までとは違う生活空間に不安を感じる方もいるでしょう。
食事も自分に合ったものが提供されるのか、好みは聞いてもらえるのかなど、老人施設での食事というものはどういったものなのか気になるところです。

老人施設では日々の健康チェックとともに朝・昼・晩の食事のことも考えられています。
栄養士がカロリーを計算したバランスのよい献立を検討し、持病や年齢にあった食事を提供しているので安心して大丈夫です。
栄養価の高い食事を提供することによって健康で長生きできることも見込めます。

食事と言うのは老人施設での楽しみのひとつといえます。
日々替わる多彩なメニューは栄養価がきちんと計算されているため我慢することなく食べることが出来るのは、生活の質を向上させるために不可欠といえるでしょう。

また、イベント時には行事食として特別な献立が提供されるなど、工夫された献立を楽しむことができるのも老人施設ならではといえるでしょう。
大勢でにぎやかに食べる食事は大変楽しいもので、笑顔があふれる食卓となるでしょう。

老人ホームを選ぶ際には食事にも注目していただければと思います。
実際に提供している食事を試食できるところもすくなくはありません。不安がある方は一度探してみてはどうでしょうか。

一人ひとりに優しい食事を

嚥下が難しい方や歯が弱い方には、ミキサー食やきざみ食、ソフト食など調理法を工夫することにより様々な状況に対応してくれるのもうれしいところです。
高齢者向けの食事になるので、油を極力使わず、できるだけ消化によいものが提供されます。

食べやすく、柔らかく調理したものは歯が弱い方でもしっかりと食べられるように摂食の配慮もされていて、大変身体に優しい食事となっています。

家で一人で調理する場合、品数も少なく味付けも偏りがちですが、老人施設では季節感を重視した旬の食材をふんだんに使用した献立が用意されます。

目で楽しみ、味で楽しむという彩りにも配慮された食事は、毎日食べていてもを飽きることは無いでしょう。

人によって味付けや固さなどの好みは違うので、味付けに不満があったり食べられないものがある場合は、遠慮なく申し出るとよいでしょう。
食事に満足できる施設を選択するということはとても重要です。
楽しみながら食事を摂り、しっかりと栄養を摂取することで健康で元気な生活を送ることが出来るということにつながるでしょう。

ケアパークは中立な立場で様々な施設を無料紹介します。

相談料0円、見学同行0円、紹介料0円

<電話受付>9:00~17:00(平日)同行・面談は土日、時間外も対応可

0120-622-422