「蟹江町」の人気の老人ホーム・介護施設

蟹江町施設一覧

要介護
  • 愛知県海部郡蟹江町桜2-62
  • 入居費用:
    一時金:30,000円
  • 月額費用:
    145,000~円
    (家賃:50,000円)
要介護認知症受入可
  • 愛知県海部郡蟹江町大字今字伊勢苗代48-1
  • 入居費用:
    一時金:0円
    敷金:165,000円
  • 月額費用:
    156,460~円
    (家賃:50,000円)

蟹江町の特徴

概況

蟹江町は1889年の町村制にもとづき、蟹江本町村・蟹江新町村・今村・西福田村の一部が合併して発足しました。
6本の河川(蟹江川・日光川・福田川・善太川・佐屋川・大膳川)に町域の五分の一が占められており、水郷のまちとも呼ばれています。
町内に湧き出ている温泉は、名湯百選にも選ばれています。
日本で「蟹」という文字が名称に含まれる自治体は蟹江町のみです。
愛知県海部郡に属する町で、尾張地方に含まれており、東は名古屋市、北西は津島市とあま市、西は愛西市、南西は弥富市、南は飛島村に隣接しています。
名古屋市から約15㎞圏内、名古屋駅からJR・近鉄で約10分、車で約20分とアクセスがよく、隣接する名古屋市へ短時間で移動可能という立地から名古屋市のベッドタウンとして機能してきました。
■蟹江町公式ホームページ

高齢者をはじめ地域の方の散歩スポットや集いの場

尾張温泉東海センター

2020年10月にリニューアルオープンされました。
この地方でも大変珍しい天然温泉と呼べる源泉100%かけ流し温泉で、愛知県下で唯一「日本名湯100選」に選ばれた治癒効果の高い良泉です。
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、運動麻痺、うちみ・くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進などに効能があると言われています。
センター内のシャワー、内風呂、露天風呂、水風呂全て温泉となっています。
尾張温泉から200mのところには、無料で利用可能な「足湯かにえの郷」があります。
こちらも源泉かけ流しで、散歩の途中でひとやすみされている地域の方もいらっしゃり、人気スポットです。
足湯かにえの郷の横にある尾張温泉通りには「大相撲ストリート」があり、第65代横綱貴乃花、第68代朝青龍をはじめとした二子山部屋・高砂部屋の力士16名の足型が路上に設置されていて、地域の方々に親しまれています。
通りには桜が植えられいて、春には桜がきれいに咲き誇ります。

ホームページ:愛知県蟹江町 尾張温泉
住所:愛知県海部郡蟹江町蟹江新田佐屋川西97
駐車場:無料駐車場250台
公共交通機関: 近鉄「蟹江駅」からタクシーで約7分

佐屋川創郷公園

なだらかに蛇行する表情豊かな「佐屋川」の景観を活かして整備されており、多彩な都市公園です。
水郷の郷のシンボルとして、子供から高齢者の方まで幅広い方が集い、心を和ませる「潤いの庭」として多くの人に親しまれています。
4月には公園一帯に桜が咲き誇り、佐屋川沿いに植えられたハナショウブも魅力的です。
季節によってさまざまな花が公園を彩り、秋には紅葉も楽しめます。
夏には納涼フェスティバルが開催され、盆踊りや夜店、花火大会などで賑わいます。
公園のすぐ隣を地下鉄が走っているため電車をまじかで見ることもできます。
高さ13メートルの展望塔からは濃尾平野が360度見渡せ、公園だけでなく東には名古屋市の街並みが一望できます。

ホームページ:佐屋川創郷公園
住所:愛知県海部郡蟹江町蟹江新田札中地
駐車場: あり(図書館と併用)
公共交通機関:近鉄「富吉駅」から徒歩15分

蟹江町では、健康づくりと社会参加・生きがいづくりの推進として、自らの経験と知識をいかした積極的な社会参加や新たなことへのチャレンジ、他者との交流や活動の場、機会の提供に取り組んでいます。
主な取り組みとして「生涯学習なども推進」「スポーツ活動の促進」「高齢者の就労支援」「老人福祉センターの活用」「老人クラブの充実」「就労的活動支援コーディネーターの配置」をすることで高齢者や地域の方々に集いの場を提供し、地域住民が主体的に健康づくりを行えるよう、環境整備を図っています。
■蟹江町社会福祉協議会ホームページ

高齢化状況と高齢者福祉への取り組み

蟹江町の総人口は、ほぼ横ばいになっており、2020年は37,551人となっています。
一方で高齢者人口は微増し続け、高齢化率も緩やかに増加し、2020年に25.3%となっています。
高齢者人口の内訳をみると、65歳~74歳の前期高齢者は年々減少し、2020年時点では4,726人となっていますが、75歳以上の後期高齢者は年々増加し、2020年時点で4,787人となっています。
また、高齢者単独世帯と高齢夫婦のみの世帯割合も年々増加しています。
要支援・要介護認定者数も増加傾向にあり、2020年8月末時点で1,494人、15.5%となっていますが、愛知県や全国と比較すると低い推移となっています。
2016年から2020年の認定者数の伸び率を介護度別でみると、要介護4の伸びが最も大きく、次いで要介護3が大きくなっています。
2525年には団塊世代が75歳以上になり、一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯、要介護認定者、認知症高齢者が更に増加することが予測されています。
そこで蟹江町では基本理念として「いつまでも、元気に、心豊かに安心して暮らすまちをめざして ~地域共生社会の実現へ~ 」を掲げ、地域包括ケアシステムの実現に向けた施策および事業を積極的に展開していこうとしています。
基本目標として「地域で高齢者を支え合う体制づくりの推進」「健康づくりと社会参加・生きがいづくりの推進」「認知症施策の推進」「安心して暮らし慣れた地域で暮らすために支援の充実」「きめ細やかな介護保険サービスの実現」の5つに取り組んでいます。
町内には介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)2か所、有料老人ホーム5か所、
サービス付き高齢者向け住宅2か所、グループホーム(認知症対応型共同生活介護)3か所ございます。
※記載内容は変更となる場合がありますので、最新の情報は公式ホームページ等でご確認ください。

ケアパークは中立な立場で様々な施設を無料紹介します。

相談料0円、見学同行0円、紹介料0円

<電話受付>9:00~17:00(平日)同行・面談は土日、時間外も対応可

0120-622-422

お喜びの声を多数いただいています!ご利用者様の声
  • 施設探しだけでなく実家の片づけまでお願いし…

    名古屋市北区
    要介護

  • 自分でも探して見学に行きましたがケアパーク…

    名古屋市天白区
    自立

  • 老人ホームの紹介会社があるなんて知りません…

    愛知県清須市
    要介護

  • 施設探しだけでなく実家の片づけまでお願いし…

    名古屋市北区
    要介護

  • 自分でも探して見学に行きましたがケアパーク…

    名古屋市天白区
    自立

  • 老人ホームの紹介会社があるなんて知りません…

    愛知県清須市
    要介護