「名古屋市中川区」の人気の老人ホーム・介護施設

中川区施設一覧

要介護要支援認知症受入可
  • 愛知県名古屋市中川区新家三丁目301番地
  • 入居費用:
    一時金:0円
    敷金:150,000円
  • 月額費用:
    154,510~円
    (家賃:58,000円)
要介護要支援認知症受入可
  • 愛知県名古屋市中川区吉津4丁目2609
  • 入居費用:
    一時金:0円
    敷金:150,000円
  • 月額費用:
    126,270円
    (家賃:35,000円)
要介護
  • 名古屋市中川区法華西町2-60
  • 入居費用:
    159,000~円
  • 月額費用:
    105,000~円
    (家賃:37,000~円)
自立要介護要支援認知症受入可
  • 名古屋市中川区下之一色町字宮分17番地の1
  • 入居費用:
    0円
  • 月額費用:
    121,200~円
    (家賃:50,000円)
要介護要支援認知症受入可
  • 愛知県名古屋市中川区丸米町二丁目23
  • 入居費用:
    0円
  • 月額費用:
    227,960~円
    (家賃:140,000~円)
要介護認知症受入可
  • 愛知県名古屋市中川区大当郎二丁目1108番地
  • 入居費用:
    256,000円
  • 月額費用:
    140,692~円
    (家賃:73,000円)
要介護
  • 愛知県名古屋市中川区 新家三丁目301
  • 入居費用:
    120,000~円
  • 月額費用:
    125,000~円
    (家賃:45,000円)
自立要介護要支援認知症受入可
  • 愛知県名古屋市中川区かの里1-202
  • 入居費用:
    97,500円
  • 月額費用:
    104,560~円
    (家賃:35,000円)
要介護要支援認知症受入可
  • 愛知県名古屋市中川区中島新町一丁目502番地
  • 入居費用:
    0円
  • 月額費用:
    102,300~円
    (家賃:35,650~円)
要介護
  • 愛知県名古屋市中川区下之一色町字北起45番地
  • 入居費用:
    0円
  • 月額費用:
    158,100~円
    (家賃:58,900円)

名古屋市中川区の特徴

概況

中川区は名古屋市にある16区の一つで、中村区・中区・熱田区・港区に隣接しています。
名古屋市の西部に位置しており、名前の由来となった中川運河をはじめ、庄内川や新川など7つの河川が流れています。
区の取り込みとして企画されるほど、人を育てる事業を促進している地域です。
出展体験やウォーキング大会などを通してたくさんの人と交流ができることが魅力的で、住宅区・商業地区・工業地区がそろっており、発展を続けている住みやすい地域です。
交通の要所であった名残もあり、鉄道だけでなくバスや幹線道路などの交通網も充実しています。
■名古屋市中川区公式ホームページ

高齢者をはじめ地域の方の散歩スポットや集いの場

中川区:史跡散策

■中川区:史跡散策路詳細
どちらのコースも4.1~5.7㎞と1時間前後で巡れるので気軽に散策いただけます。
<西古渡かいわいコース>
名鉄「山王駅」から市バス「八幡町学校停留所」までの約4.9㎞コースです。
松重閘門からスタートし、運河に栄えた街を楽しみながら散策できます。
松重閘門は中川区運河と堀川を結ぶ通船路閘門として設置されましたが、水運の衰退によって1976年に経済的生命を終えました。
高さ20mの避雷針を付けた尖塔や三角窓は異国情緒を漂わせています。
付近にある松重閘門公園は中川区唯一の歴史公園で、堀川の両岸には数百株のさくらやモモが植えられ、花見の名所としても知られており、茶屋や料理屋、お菓子屋などが軒を並べています。
<松葉・昭和橋緑風コース>
近鉄「かすもり駅」から市バス「昭和橋停留所」までの約5.4㎞コースです。
由緒ある社と名木を巡りながら散策できます。
若宮八幡神社は小塚公園内にあり、市内最大級のタブノキがあります。
中川で最初に保存樹に指定され、その他にも境内には多くの保存樹があり、秋には紅葉狩りやぎんなんを拾う人の姿もあります。
松葉公園の正面にあるカコウ岩を使った噴水は区民の庭として親しまれています。
<荒子観音かいわいコース>
市営地下鉄あおなみ線「荒子駅」から市バス「寺腰停留所」までの約4.1㎞コースです。
生涯に約12万体の仏像を彫ったと推定されている円空の円空仏と由緒ある古いお寺を巡ります。
荒子観音寺は節分には老若男女で賑わっており、境内にある多宝等は市内最古の木造建築物で国の重要文化財に指定されています。
円空上人作のナタ彫り仏像が1250体余り残されており、毎月第2土曜の午後1時~4時まで拝観できます。
寶珠院(ほうしゅいん)には名古屋市の保存樹である五葉松の大樹など庭園を含め特別緑地保全地区に指定されており、四季折々、鳥のさえずりが聞こえてくる憩いのお寺となっています。
<中島・下之一色川浪コース>
市バス「東中島停留所」から「松葉公園前停留所」までの約5㎞コースです。
空雲寺の境内には1676年建立の景義の墓碑があります。
更に市内最高長の名木クロマツは一度見ておきたい保存樹です。
松蔭公園には堤防内にクロマツの樹林が残っており、1937年度に開園された河岸の公園で、区内で最初に開設された公園です。
<前田・戸田ふるさとコース>
近鉄「伏屋駅」から「戸田駅」までの約5.5㎞コースで、城跡とからくりの地を巡ります。
八幡社周辺では毎年10月の第一土曜・日曜、大祭は4年に1度戸田祭りが開催されています。
戸田祭りは約300年以上続く伝統的なお祭りで、各地区の山車、からくり人形だけでなくお祭り事態も名古屋市無形民俗文化財に指定されています。
<万場の渡しかいわいコース>
市バス「万場大橋停留所」から「千音寺停留所」までの約5.7㎞コースで、佐屋街道を始め由緒ある社を巡ります。
旧佐屋街道沿いには火の見櫓、低い二階家、黒壁の家、高く盛土した民家が立ち並び昔の日本の雰囲気が残されています。
光圓寺(こうえんじ)の綺麗に手入れされた庭はハゼノキ・サルスベリ・カエデの木が接木したような寄合木となっており、見応えがあります。

松葉公園

中川区の東側に位置しており、1941年に皇太子殿下(現在の天皇陛下)のご誕生を記念して開園した公園です。
区内では最大規模の公園で総面積は約3ha、名称はかつてこの地域にあった松葉村が由来となっているそうで、園内には野球場やテニスコートなどの施設のほか90種類余りの樹木が生い茂っています。
市内には3基しか残されていない戦前の市民の生活文化を今に伝える認定地域建造物資産のラジオ塔があります。
中村公園以外には志賀公園、松葉公園にラジオ塔があります。

住所:愛知県名古屋市中川区太平通1丁目
駐車場:有料駐車場あり
公共交通機関:市営バス「松葉公園前停留所」より徒歩すぐ

■中川区 のまちめぐり詳細
中川区のホームページにはまちめぐりとして「史跡散策」「なごやかウォーク中川区コース」「中川区のウォーキング大会」が紹介されています。
散歩日和にはマップを見ながら巡ってみてはいかがでしょうか。

高齢化状況と高齢者施設数(入所系)

2021年10月時点で中川区には65歳以上の高齢者が54,386人おり、高齢化率は24.9%となっています。
中川区は名古屋市全16区の中で人口は2番目に多いですが、高齢化率は8番目に高い区となっています。
区内には介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)12か所、有料老人ホーム35か所、サービス付き高齢者向け住宅6か所、グループホーム(認知症対応型共同生活介護)21か所ございます。
※記載内容は変更となる場合がありますので、最新の情報は公式ホームページ等でご確認ください。

ケアパークは中立な立場で様々な施設を無料紹介します。

相談料0円、見学同行0円、紹介料0円

<電話受付>9:00~17:00(平日)同行・面談は土日、時間外も対応可

0120-622-422

お喜びの声を多数いただいています!ご利用者様の声
  • 施設探しだけでなく実家の片づけまでお願いし…

    名古屋市北区
    要介護

  • 自分でも探して見学に行きましたがケアパーク…

    名古屋市天白区
    自立

  • 老人ホームの紹介会社があるなんて知りません…

    愛知県清須市
    要介護

  • 施設探しだけでなく実家の片づけまでお願いし…

    名古屋市北区
    要介護

  • 自分でも探して見学に行きましたがケアパーク…

    名古屋市天白区
    自立

  • 老人ホームの紹介会社があるなんて知りません…

    愛知県清須市
    要介護